FC2ブログ
アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


汚部屋族出身の人が最初に思う、美部屋のイメージって、
どんなものかしら。と、自分が想像出来ないことを、
あの人の住む部屋は、どんなものなのかと想像する。

物がない暮らしの特集を雑誌やネットでよく見かけるが、
自分の部屋に置き換えた時、さっぱりとイメージが出来ない。
ホテルや、モデルルームの部屋に憧れたって、
自分の持ち物が、高級感の家具で溢れているわけではないし、
モデルルームのような広々とした部屋でもない。

そのため、沢山の部屋のひとつに全てのモノを置いて、
一つづつ移動できるわけでもなく、
45Lのゴミを一つ作ったからには、
その翌日には回収してもらわなければ大変に困る自体に遭遇する。
なぜなら、我が家にはベランダはなく、
置けるとしたら、お風呂場か寝室に置かなくてはいけないからだ。

勢いでゴミを作ってしまったって、
数日間、そのゴミをお風呂場で保管し醗酵させてしまうか、
カサカサっとした音の恐怖と添い寝を決行するはめになる。

毎日の習慣にするべき片付け。
普通の人なら、日常にある掃除。

だけども、
使えるモノを、迷いなく捨てることなんて、到底できないし、
人からの頂物を、いただいた時点で気持ちは完結しているから、
感謝して捨てれば良いとか、
無理なら写真を撮ってサヨナラしましょうとかって、
言葉が変わっているだけで、
全くもって、理解ができず、
大切な人を、ただ裏切るようで痛みが走る。
もちろん使いきってしまったり、壊れたというのなら、
そういう時期がきたのだと理解もできる。
きっと、わたしは、とてつもなく不器用な人間なんだと思う。

何からするべきか、
どれがそれからで、あれがどうなのか。

とりあえず、やれていることは、毎週のゴミの日に、
忘れずに出せていることだ。
例え、それがおレジ袋1個のモノであっても。
うん、今日は、それで「良し」としよう。
rannkinngu 1
 ↑ありがとうなのです♪
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/385-86ad34b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。