FC2ブログ
アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何から、どう書こうか、何を書いても自己中心的で、きっと、思いやりの言葉なんて、
思いつくはずはないし、わたしって可哀相でしょう?そうでしょう?
だから、ぎゅって抱きしめて、優しくしてください。
そんな風にどこかで思ってるかもしれない、わたしの言葉なんて、誰だってうんざりする。

どうして、わたしだったんだろう?
どうして、どうして。どうして?
そんなどうしてだって、誰にぶつけたって、わたしは、わたしが解決するしかなくって。

だけど解決なんて出来なくって。
乗り越えるしかないけれど、溺れそうで溺れてしまったら、その光の中は暖かいかもしれない。

ここの日記を読み返すと、
リンク2012年6月26日(火)拾わないでくださいin汚部屋で、
風邪をひき肺炎になった、だから、裸族ではないんだよぉ、そう書いた。

でも本当は嘘だった。
肺炎なんかじゃなくて、永い闘いを強いられる診断だった。
それでも、まだ実感はわかなくて、
リンク7月1日(日)に、古布回収をしてくれるのだからと、
ブログを更新していた。

片付け日記を更新しながら、自分の身辺整理をしているようで、
物に埋まったモノと対峙し、これまでの人生を振り返っていた。
診断で宣告されてから、2週間後、じわじわと実感し、初めて涙ぐんだ。
今年の誕生日が、最期なんだ。最期に遣り残したことはって良く聞くけど、
実際に目の当りにすると、何にも考えられない。
恋をしたいわけではない、子供がいたら違ったのかな?
何をしたい?どこに行きたい?どんなに考えても、いつまで考えても、
わたしには、何にもなかった。

何も無いことを幸いととるか、不幸ととるか。

ふと、子供がいなくて良かった、愛する人がいなくて良かったんだ。
そう思った。子供がいたら、わたしは不幸だった。
残していく罪悪感は、
愛する人に申し訳ない気持ちで、ごめんなさい、すいません。
何度も何度も、わたしの性格なら、そう言いそう。
言われたほうも闇に落とされ、お互いにその日まで暗闇の中にいるだろう。
どちらも疲れ果て、最期まで雨はやむ事はない。

そんなことを考えていたら、わたしは、らっきぃ!なのかもしれない。
残された時間は、わたしだけのもので、わたしは、わたしを自由に生きれるチャンスなのだと。
あとの時間を、有意義なものにしよう。豊かなものにしよう。
そう決めてからは、早かった。
リンク2012年9月13日(木)片付ける前に知っておくこと
ここの日記で、熱があると呟きながら、精神科に通うと決めたことを書いている。
強迫性障害溜め込み症候群であろうことを自覚していたので、

わたしは、どうやっても片付けられる人間になりたいんだ!
てゆうか、このままじゃ、あの部屋わっ、マジ駄目なんだよっ。
つうか、可哀相ぢゃん、あの部屋整理する人間がっ!
日本には、発つ鳥跡を濁さずって言葉あんぢゃん?
俺がぁ、やんなきゃ駄目なんだよぉっ。


そんな意気込みで・・・・最期にやるべきことに、汚部屋の片付けって(涙)

そうして、時は流れ、
薬の副作用から、薬害性肝炎や、黄疸などなどをやり過ごし、
カウントされた残り時間は停止した。
今月11月の手術も終わり、次の手術は、その結果しだいで、
とにかく、1年を過ぎた今、危険な状態からは脱したらしい。
これからも、永く治療は続く、だけども、
わたしにとって、この1年半は、辛くそして濃密なほどに素晴しいものだった。

経験できないことを、経験させてもらった、この時間を胸に、わたしはレベルアップした。

そう、つまり綺麗になったんだね。

ん?部屋じゃないよ。お部屋はね、汚部屋のまんま♪
だって、そんな余裕って、ないってばっ(笑)

これからは、少しずつ、ちょっとづつ、ゆっくりと。

PS.
内緒のコメントの方々、もちろん、読んでいます。
返信は、出来ませんでした。
自分の期限に自信が無くて、嘘も言いたくなくて。
優しい言葉を、ありがとう。


それから、夏目さんも、元気かなぁ^-^

写真は、非公開にしました。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。