FC2ブログ
アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本格的に夏になり、エアコンをこよなく愛する季節になって、
やっぱ、エアコン最高!って、感激しながらも、
先日に、お片づけは一旦中止宣言をしてから、しかし、ながら作業は続けていました。
たとえば、試供品の洗剤を箱に詰め替えて、ゴミを減らしてみたり、
詰め替え
使いかけの、お掃除用品で、残り少ないくせに、
半年以上も忘れたままのモノを使いきってみたり。
使いきり

こういったことって、多分ね、モノを捨てられる人だったり、
片付けられる人は、わざわざ報告しなくても、普通に、日常の延長のことのように思う。
だけど、わたしにしたら、よく、それをやろうと思いついたね!
なんて、ほめられることなんだけど、って思っている、あくとです、ども。

コメントであったように、ぶろ友さんのアリーさんなんか、
お子さんがいらっしゃるので、夏休みに入ったら、
片付けなんて無理だろうな~と思ったりもする。
だって、わたし、子供いなくても、夏バテも手伝って、無理なのに、
というか、お母さんだったり、妻だったりしている人って、
そこで、家事っていう、お掃除もして、お料理もして、立派だなって、心から思う。

捻出した本
ながら片付けで集めたこの本たちは、どうしてあれだけ、執着していたんだろうか?
ってくらい、何年のここにありながら、読まなかったものだ。
大型書店に、いつだって出せたのに、いや、読んでからだそう(古書店に)。
そう思いながら、読むことのなかった書籍だ。
読むことがなかった=自分では購入してはいない。
友人知人から、読み終わったものを頂き(本じだいは好きでいつも何かを読んでいます)
だけども、そのときに読みたいものではなく、後回しになって来たものだ。

多分、本って、そのとき、読みたいモノを読むから、楽しかったり感銘を受けるものだと思う。
そのとき読みたくないモノは、やっぱり、そのとき必要ないモノで、
無理に読んだとて、多分、頭には入らないのだと思う。
そのことに気がついた、この1ヶ月。
特別の理由がない限り、この本たちへの執着を捨てよう。
そうは、思いながら、1冊の本を手に、30分も固まってしまい、
うーん、無理だよ~。と、思うことが数回あった。
なので、固まるものは保留。固まりながらも、10分以内に決断を出せるものは、
固まることを許可する。なんて、あほなルールを自分に課してから、
やっとのことで、集めるのだった。

と、この書籍、実は第2弾めで、初回はすでに大型書店に行っています。
今日は、落ちもなく、とにかく、頑張って続けているよぉ。
の、報告でした。
とにかく、サボりながらでも、モノを減らしていく努力は続けたいです。

しかし、まだ、人は入室させられない><
rannkinngu 1
↑こんな汚部屋の、応援ありがとうなのです♪




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。