アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の年金報道をみると、不正受給って、何処から何だろう?
と、誰かの目線では、不正であり、法律の観点からみると、正しかったり、
タレントが悪いという偏った報道は、なんだか、どうも、気が引けて、
個人的には、吉本のお二人は、ずるいなぁ。
抜け道をくぐったなぁ。とも、思うけれど、謝罪記者会見を全て見ると、
うーん、もう少し、役所の事も報道してほしいというか。

わたしは、以前、ここのブログを始めた時、本当に、貧乏で食べるものにも困っていて、
病院から、役所に電話が入り、保健婦さんから連絡があったんだよね。
生活保護を視野に入れて、話し合いをしませんか?なんて。
その時に、詳しく聞いたし、直接、役所にも行って、話し合いをしたんだよね。

そして、この書類にサインをして下さいという所までいって、
わたしは、最終的に『自力で頑張ります』と、言ったんだよね。
役所の方は、説得しようとして、
「生活保護は悪いことではありません。貴方が生きる権利です」と、言われた。
正直、財布の中には、2000円も入ってなくて、その役所から帰宅すると、
電車賃を引いたら、1500円を切ったんだよ。
貰えるのか。ご飯、食べれるのか?
でも、わたしは、そうしなかったんだ。
それが、偉いとか、良いことだとは思わない。

その需給を受ける為の約束事や、ルール、規律という部分が、
わたしには、到底守れるとは、思わなかったからだ。
病院から役所に保護してください、と連絡がいく位だから、
本当に、あの頃、生活が破たんしていたし、
ここには、大々的には、詳細を書かなかったし、でも、お断りをしていなかったら、
このブログは続けていられなかったはずなんだよね。

生活保護をを受けるには、色々な規定、約束ごとがあって、
まず、自分の持ち物を審査されるのだけど、金品があれば、まず、売らなきゃいけないんだ。
思い出の品々の、例えば、死に別れた旦那さんから頂いた、結婚指輪を持っていたらNGで、
とりあえず、
TV1台、冷蔵庫1台、レンジ1台はかろうじてOK、携帯は要相談(固定電話とのかねあい)
PCは、基本はNG。その他の物は、強制的処分、
住まいは、役所が規定したした場所に強制引っ越し、(しかし、給付金で払う)
年金、税金、保険料は、生活保護者とは言え、支払わなきゃいけないとか、
借金は、当然、弁護士介入ののち、清算(自己破産)で、
私の場合、ものすごい、辺鄙な場所で、友人も知人も誰も来れるはずがない。
なんて場所で、病院に通うのに2時間もかかりそうで、
働く先を見つけたって、通えるはずないじゃん?見たいな場所だったりして、
その強制的に引っ越しする場所、どう見ても、タコ部屋で、衛生的にどうなの?
みたいな感じだったんだよね。
もちろん、地域や役所によっては違うと思うし、ルールも変わるんだと思うんだけど、
役所の人は言うんだ。
生活を、落ち着かせ、社会人として、復帰するには、まず、お金を受給してもらって、
病気を治してから、今後を考えましょう、みたいなこと。

わたし、それで、言ったんだよね。
『落ち着かないと思います。この携帯の時代に、友人知人もこれない場所で、
病院にも通うのが大変で、モノを全て処分し、借金も清算する。
お金って、有難いです。その生きる権利を行使して、
今を永らえたとしても、1年後には、友を失い(ブロ友さん含め)、
思い出の金品を失い、大切な生きた仔と引き離され(愛する主人です)、
カード破産なわけで、短くても7年は、欲しいモノは購入できず(大きい買い物)、
会社を企業しようとも信用は失っており、夢を想像することもできません。
多分、心が死にます。心が死んだら(重度うつ病)、社会復帰の自信はないです』と。

わたしは、それから、借金を更に繰り返し、だけど、少しずつだけど、前に進み、
借金を返済して、今でも、たまに借金をしながらだけど、頑張ってる。

今回の報道をみて、何が嫌だったかは、自分が話し合った内容に照らし合わせると、
確かに、お二人は、法律的に何の問題もなく、最初の方は、役所に、2度書類を提出し、
増額もしているし、後からの方も、義務でいえば、問題が無いんだよね。

そう、問題がないから、不正受給かといえば、不正ではないのに、
謝罪をしなくちゃいけなかった件が、なんとも、嫌な気分で、
個人的には、後から方のほうが、苛っとする発言で、
「いや、多分、自分の所にも来ると思って、だから、先に言ったほうがいいと思って」
から、始まったそれは、親に40万援助してるし、自分は不正受給の感覚は無いです。

と、言い放ったことが、腹が立つんだよね。
つまりは、
援助してほしい、と言われたが、自分がマンションの借金が40万もあって、
親の面倒を見れないので、そちら(役所)でみて欲しい。
住むところは、そのマンションを親に住んでもらっても構わない。
自分は、東京で生活があるので、40万プラス東京の生活費で援助は無理です。
って、事でしょう?何が、40万円を援助しているだ。
お前の名義でしょうが。と、思ったんだよね。
生活保護を受けるには、家などの財産を処分しなくてはいけません。

援助していると言うなら、そのマンション処分して、40万円を現生であげてしまえ。
と、TVに向かって、叫んでしまった。
なんで、この40万円のローンを払ってると言ったのだろう。
これを言わなきゃ、普通に、大変なときもあるさ。と、終わったのに。
なんて、思った、あくとです。ども。

ま、そんな他人の家庭の事はどうでもいいのですが、
法律的には、2人とも、不正受給ではないのに、
不正受給で謝罪会見という報道が気に入らなかったのです。

さ、これから、部屋を片付けよう。。。。

部屋が広くなるって、気持ちいお
人気ブログランキングへ
↑↑↑こんな、汚部屋日記の、ぽち応援、ありがとう♪


関連記事
コメント
この記事へのコメント
私、どういうのが不正受給って言うのかよくわからなくなっちゃった。
こんなの不正受給にきまってるじゃんと思ったら違うって言うし。
生活保護って言ったら、あくとさんの言うように、財産全部処分しないと
だめって思ってて、車もだめ、エアコンもだめ、で、田舎だと、車がないと
つらい地域もあるし、エアコンなくて脱水で死にかけた人もいるし、
必要なものもだめなんだ…、って思ってたから…
遠い親戚ならともかく、実の子供に何千万も収入があるのに、
生活保護受けられるって意味がわからなかった…。
浮き沈みが激しいって言ってたけど、サラリーマンだっていつリストラ
されるかわからない時代だし、本当に収入が減った時はその時また受給を
検討すればいいんじゃないかと思って、そう言えば通っちゃうんだ…と思ったの。
もっと必要な人に渡っていない気もするし、本当に生活を立て直すための制度なら、
厳しくするポイントがずれてる気もするよね。必死で働いても同じくらいしか
もらえないとしたら、働く気が失せるとも思うし…。
難しいね。
でも、あくとさんが頑張ってきたのが垣間見れて嬉しかったです。
2012/06/02(土) 02:10 | URL | アリー #CHFa6er.[ 編集]
■アリーさんへ■
返事が遅くなりました^-^
わたしの聞いた話(地域)では、
エアコンは最初に聞いたんだよね。
ほら、わたし、暑いの絶対にダメだから。そしたら、エアコンは普通、今の時代、お部屋に付いていると思います。
が、回答でしたよ。
賃貸の場所にエアコンって、普通にあるかもね。
洗濯機は、指定された住居によるそうで、
共同で洗濯機を使う場合もあるし、
近くにコインランドリーがあるかもしれないし、
指定住居が洗濯機を置ける状況であれば、置けるとのことでした。
車は、わたしは必要ないので聞いていないのですが、
想像で話すと、
子供を2人殺した鈴香容疑者が、
生活保護を受けながら、
車を使用していたので、やはり、地域によるのではないのかな。
と、思います。

この吉本の2人は、確かに不正ではないし、
生きる尊厳部分に、援助の最初の条項に、
自分を犠牲にしてまでも、援助はしなくていい。というものがあるの。
だから、お二人は、自分が出来ることは、
役所に伝えているわけだから、確かにそうなんだけど、
だけど、なんか、言い方が2人とも偉そうで、わたしが、
自分の財産を守るために、
約束事が守れないからと、遠慮したに対して、
二人は、俺の財産は守ります。
で、親の財産は放棄したんだから、
国が親を援助してください。
別に、悪いことはしてませんが何か?
に、聞こえる所が腹が立つし、
かといって、不正ではないのに、
不正受給謝罪と聞くと、
これなら、本当に必要としている人が、みんな怖がって、
遠慮してしまうじゃないか。

だから、せめて、モラル違反生活保護受給とかに、
ならないかしら?と、思ってしまったのです。
でもでも、確かに、確かに、
このお二人には、謙虚さがなく、
気に入りませんでしたっ(笑)
2012/06/04(月) 12:43 | URL | あくと #hiiZJbic[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/347-456cf314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。