アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
汚部屋住人は、きっと、一般人と違って、お片づけを始めましょう。
というと、セットでキッチンの洗物や、
洗濯機の中にある日常の衣類を洗濯し始めちゃったりすると思うんだけど、どう思う?
と、誰かに賛同してもらいと思っている、あくとです。ども。

キッチンの洗物や、お洗濯って、日常の家事の部類だから、
本当は、お片づけの中にセットでいれてはいけないと思いながら、
さ、片付けようかな、と腰を上げたときに、
キッチンに向かったら、やっぱり、ダメダメ女子だと思うんだよね。

でも、そこから始めないと、何をしていいか、判らないんだもーん。
という女子は、やっぱり、私と同じカテゴリーの中で生きていると思うんだ。
うんうん、うんうん。(←どうしても、賛同してもらいたいらしい)

でね、最近、3月くらいだったかなぁ。
書店で、あるコミックエッセイを発見したんだ。
汚部屋住人なら、一度は、目にしたと思う有名な、
池田暁子さん
のシリーズがあるよね?
うちのサイトの右にUPしているシリーズ。
でも、彼女の作品ではなくて、

どうしても片づけられない!! あなたのためのお片づけ成功読本という、腹肉ツヤ子さんの作品。

池田さんの本は、ほぼ、コミックになっており、
難しく考えすぎな汚部屋住人にとっては、
笑えて、わたしも出来るかもと勇気をくれる本なんだ。

腹肉さんの本は、半分がコミックで、残りは、文章と図で説明があり、
ポイントポイントで、実写の写真がUPしてたりするんだよね。
そして、片付け界で有名な小松易さんが協力してくれているんです。
図で説明してある所は、汚部屋住人が、必ず迷うであろうポイントや、
混乱するであろう部分を、優しく誘導してくれる図式になっており、
わー、同じことしたら、絶対に綺麗になると思う。
と、思わせてくれる本なんです。

わたしは小松さんのたった1分で人生が変わる 片づけの習慣という本、実は持ってるんです。
でも、小松さん、ごめんなさい。
もう、1年も3分の1を読んだまま、続きを読んでいないのです。
誤解なくいえば、小松さんが悪いわけではないんです。
当たり前の、実践したらいいだろうな。ということが、たくさん書いてあるんです。
だけど、重度の汚部屋住人からすると、
頭では理解できるんだけども、だけども、そこに行くまでのイメージや出来ず、
やってるうちに混乱するんです。

と、そこに、小松さんのアドバイスを下に、
実践している人がイラスト、コミックで説明してくれて、
イメージできない、汚部屋住人にとっては、なんとも救世主。

わたしはというと、これまでの写真をみてもわかる様に、
どうしても、床のスペースがいろんな、あれやこれやに、占領されて、
歩くときに、またぎ職人になってしまい、
足の踏み場もなければ、居場所が、日に日に小さくなってしまう。
片付けて広くなり、さて、一気にさらなる片付けを開始すると、
もう、どうしてこうなるのか判らないくらい、更に床がなくなってしまう。

そんなことを繰り返しているわたしに、
この本の57Pに、
『まずは玄関(部屋のドア)から、自分の居場所までの通り道を確保することからはじめましょう』
と、あるんです。
そこには、なぜ、ここからなのか?の理由と説明が書いてあり、
ここから、解決しないと、元通りになってしまうんだ。
と、素直に思えました。

なので、どーーーーーーーーん
玄関の下1
玄関ですが、靴が一面を覆っています。
なぜ、こんなことになってしまったかというと、
手前にある、突っ張り棒タイプの棚が、上から崩れ落ち、
なんど、やり直しても、すぐに落ちてしまうので、
か弱い女子は、突っ張らせることを諦め、放置することに決めたのでした。
放置を決めて、数ヶ月、毎日、毎日、通りずれー、またぐの面倒~。
履きたい靴が、すぐに出てこねぇ。と毎日、不便の毎日でしたが、
ここを、なんとか、しなければと、心に決めたのでした。


どうしよう?汚部屋ランキングで、かなり上位、泣
人気ブログランキングへ
↑↑↑こんな、汚部屋日記の、ぽち応援、ありがとう♪


関連記事
コメント
この記事へのコメント
あくとさん、頑張ってますね。
私もこの数週間、頑張りました。
無事家庭訪問を終え、そのままの勢いで、
息子の友達も呼びました。
開かずの間がふたつ(大・小)あるのだけど、
このまま、他を崩さず開かずの間に
着手していこうと思っています。
何年か越しでお風呂も直しました。
でも、誰もほめてくれないよ~(涙)
2012/05/16(水) 13:54 | URL | アリー #CHFa6er.[ 編集]
■アリーさん■
うわぁ、お疲れ様です。
本当に、大変でしたね。
お子さんがいらっしゃると、先生が毎年、毎年、必ず顔をお見えになりますものね。
それから、わたしが、アリーさんを褒ます。
いいこいいこ、なでなで、
良く頑張りました。
ぎゅぅぅ、背中、ぽんぽん。
いいこいいこ、なでなで。

って、私が頑張って、
褒められるように、努力しなさい><反省中
2012/05/16(水) 21:38 | URL | あくと #hiiZJbic[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/338-5e5e6f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。