FC2ブログ
アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がついた人も、多いかとは思いますが、サイトの右上に、グーグルの翻訳をつけています。
何故、そんな事をしたかというと、アクセス解析の結果、
もちろん1位は、日本なんですけど、
2位、アメリカ合衆国、3位、イギリス、4位、台湾、他は、アジア圏内という結果になりました。
多分、読んで下さっているのは、日本人の方だとは思うのですが、

想像ですが、その方々は、多分、結婚されて移住された方、
それから、仕事の都合で移住された方、
または、親が移住して、自分はその国で生まれました。

と、概ね、この3組になると思うのです。

それで、多分、家族の中には、母国語(その国の言葉)しか、理解できない人もいると思うのですね。

でね、そこで、深刻な、過度なる深刻な問題が発生すると思うのです。

例えば、妻(本人)が、あくとって、早く汚部屋を脱出すればいいのに~。
と、わたしの事を見守ってくれていたとします。
頑張れ~大丈夫、大丈夫。私の部屋も、過去は凄かったのよ~(←妄想)
と、思ってたとします。

そんな時、今日はたまたま、街のバザーでお買いもの。
愛する夫は、休日。
「ハイ、ハニー今日は、僕が子供の面倒みるから、買い物行っておいで」
「そうね、ダーリン行ってくるわ、子供たちの事、お願いね、ちゅ」
と、妻が外出している間に、
「そうだ、大人の○○でもみよう。
あ、でも、僕のPCは修理中だから、妻のPCを借りて見ましょう、そうしましょう」
と、妻のPCを開けたとします。

それで、
「ん?妻のファイルの中にある、これは、何かな?」
「シンプルに生きる」
あぁ、人生を考えているんだなぁ、あぁ、愛しの妻よ。

と、開いてしまうと、
「ん?おーまいっがーOh, my God!!!!」

なんだ、なんだ、この汚い部屋の写真は!
なんだ、妻は一体どうしたんだ?
な、なん、何事だ。なななな・・・

みたいなことになって、妻が帰ってきたときに、追求します。
妻は、一所懸命に説明してくれると思うんだけど、だけども、
日本女性は、繊細で、上品で、優しくて、可憐で、愛らしい、というイメージを持っていたご主人は、
雪崩が起きるように、ショックを受けてしまうと思うの。

もしかすると、夫は私の日本人妻も、本性は、これなんじゃないかと、疑ってしまうかもしれない。

そう、この日記が、お相手さまに、正しく読んでもらえれば、
あぁ、本当に、日本女性は、繊細で、上品で、優しくて、可憐で、愛らしい、のだけど、
この日記の、この女だけが、
日本人女性では、稀な存在で、汚い人間なんだなぁと、分かってもらえるはず。

そう、今、隣にいる日本女性は、
繊細で、上品で、優しくて、可憐で、愛らしいです。

と、思ってもらわなければ、日本イメージの損失になるわけです。うんうん。

と、海外の母国語しか理解できない方へ、重大な配慮だったのですが、
しかし、この翻訳ですが、残念なことに、日本語で、
「英語・フランス語・韓国語・アイスランド語~」
と、書いてありますよね。

英語と日本語で書いてあるわけだから、英語を選択したくても、判らないんじゃないか?
と、思うわけです。
タイからもアクセスがあるのですが、タイの人なんかは、絶対に、判らないと思うの。

折角の翻訳機なのに、使えないんじゃ、意味がないのに。
どうにか、出来ないかなぁ。と、考えている今日この頃です。


日本女性は、大和撫子と、言って、それは、それは、綺麗で、素敵な生き物なのです。

うんうん。ね。そうだよね?

わたしはね、ちょっと、他の日本女性とは、ちょっとだけ、違うだけなんです。
片付けられないだけなんです。
料理も、全くですが、出来ないですけど、
お花も嫌いで、恋愛?あ、面倒くさいぞ。と、思っちゃうだけなんです。

こういう女を、日本では、干物女とも、言いますが、
つまり、本当に、わたしは、稀な日本女性です!

って、このくらいでいいかな?
家族の誤解は、取れたかな?
あ、余計に、誤解を招く?はーい、ごめんなさーい。


頑張る日本・頑張れ自分
人気ブログランキングへ
↑↑↑ぽち応援、ありがとう♪





そこで、読んで下さっているか、判らないけれど、

アメリカ合衆国のみなさん
東日本大震災のあと、多大な力を、ありがとうございます。
小学生の少女が、自分のお小遣いを箱に入れて、
近所を回り、日本円で50万以上の義捐金を集めて下さって、
この少女の優しく温かい気持ちは、アメリカの教育のお陰です。

イギリスのみなさん、
皇太子が、日本人と心は同じ場所にあります。
と、皆様に呼びかけて頂き、皆様が、個人個人で、大きな寄付をしてくださいました事、
心より、感謝しております。

台湾のみなさま、
全民放、放送局が協力してくださり、4時間にも渡るチャリティー番組を制作してくださいまして、
ありがとうございます。
わたくしも、あの番組を、1時間ほどですが、拝見しました。
1日で、日本へのチャリティー曲を作って頂き、台湾のTOPスターが、あんなにも大勢に集まって、
歌って頂いて、台湾の番組なのに、日本の歌を歌い、日本語でメッセージを伝えて下さいと、
日本語の多い番組でした。台湾の言葉と日本の言葉で放送する番組は、とても、温かいものでした。

タイのみなさま
毛布と義捐金をありがとうございました。
義捐金の金額をみると、一人一人が、とても、無理をした金額です。
人によっては、1か月の収入の半分以上ですよね。
本当に、感謝します。

関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/321-634aa3cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。