FC2ブログ
アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年、一昨年と、さまざまな出来事があり、生きることを考え、死ぬことを考えた。
なにより悲しかったことは、

大好きな人

愛して止まなかった、愛するという言葉以上に、必要としていた彼を失ったことだった。

当然、日記の更新は、減っていった。

ここには、彼の写真が、当たり前の日常に過ごしているし、
新しい写真をUPしたくても、
だって、だって、カメラの中には、前日までの彼が500枚も溢れていたから。

ここでの、お友達さんから、お手紙を頂いた。
kumax special ~バツイチ三十路のつれづれ日記~


間違っていたら、ごめんなさい。
あくとさん、もしかして、ご主人を見送ったのではないですか?
もしそうなら、辛いですよね。でも、きっと、あくとさんの側で、幸せだったと思いますよ。

優しくあったかい、お手紙だった。わたしは、そのことについて、返事を書くことはできなかった。
だって、だって、返事を書いてしまったら、本当に、本当に、彼が居なくなってしまう。
認めることはできなかったから。

ガンの親戚を見送り、愛する主人を見送り、グリオーマガンの親友を見送り、
そして、父(叔父)を見送った。
2009年から続いた見送りは、2011年1月、父の四十九日をもって、いまのところ、落ち着いた。

余命を聞き、覚悟し、見送って、また、余命を聞き、覚悟し、見送る。
そんな1年半を過ごした。
主人を見送ってから、わたしは3度の心臓発作を起こし、
1度目の時、2度目の時は、ただただ苦しいだけで、
3度目の時に、胸を掻き毟りながら、彼につぶやいた。

『迎えに来てくれたの?一緒に行こう。もういい。あなたの所に逝けるなら怖くない。』

だけど、目が覚めた場所は、汚部屋の布団の中だった。
わたしは、一生分、号泣したかもしれない。
どうして!どうして!どうして!なんで、わたしを生かしたの!
1日泣いて、死ねなかったと、泣き叫んでいた。

それから、1ヶ月後に親友を見送った。泣きはしなかった。
なぜだか、わからないけれど、みんなが、悲しみに暮れ、
電話がかかってくるのに、他人事のように、冷静に会話している自分がいた。

1か月後、父(叔父)の余命を聞かされる。

その日、わたしは睡眠不足でありながら、朝の6時半に目が覚めた。
なんで、こんな時間に?
2度寝しようか、起き上ろうか、30分ほど、迷っていた。
今寝たら、昼過ぎまで寝てしまうし、

でも、なんだろう、寝てはいけないという使命にも似た感じ。

携帯電話が鳴る。
姉(従姉)の名前が目に入った瞬間、出てはいけない。出るのが怖い。
でも、出なくちゃ。怖い。出たくない、怖い。怖い。

『はい』
「あのね・・・・」
『うん・・・』
「だからね・・・」
『うん・・・』
『うん・・・うん・・・うん・・・』

火葬での最期のお別れのとき、母(叔母)が、わたしの手をぎゅと握った。
その瞬間、わたしは、
『お母さん、わたしが初めてお父さんって呼んだ人が逝っちゃう・・・』
母は、黙っていた。黙って、まっすぐに、ぽっかりと開いた四角い入口をみていた。
その凛とした姿が、あまりにも、美しすぎて涙が溢れてきた。

人は美しい。
そこにいる、美しい人は、わたしの大切な人なんだ。

骨を拾い終わった後、係の人が、こういった。

全てを納骨することはできません。
ですので、他のお身体は、こちらで供養させて頂きます。

んーーー。
ん?
んん?

他のお身体は、こちらで供養させて頂きます。。。

お父様は、こちらで供養させて頂きます。。

お父さんの、骨はこちらで供養します。

お父さんの骨をこちらで処分します。

お父さんを処分します・・・・?


脳内変化は、激しく起こったゆえに、

『お母さんっ!お父さんの骨、少し分骨してもらえないかなっ!』

普段はのんびり屋さんの、母が、この時ばかりは、瞬時に動いた。
喪主である兄(従兄)に、あくとが欲しいって。分骨してあげるように、言って!(係の人に)。
またまた、兄も、瞬時に理解し、
すいません!すいません!待って下さい!(処分は待って)少し、分けて下さい。

打ち合わせで、分骨はしないことになっていたようで、
慌てふためく係の人たち。
その様子を見ていた、参列者は、

誰、この子?え?親戚の子?ん?誰?外の子?え?隠し子?
ざわざわざわ
静かなる・・・無言のざわざわ・・・・

静まり返るというか、氷つくというか、ざわめきとも違う、音の無い、ピーーーンとした音。
みたいな・・・・


全てが終わり、誤解が生まれたであろう、この一件に、
『ごめんなさい。外身内が出しゃばって、本当にごめんね』
すると、みんな心の中で、お父さんを一部しか、連れて帰れないことに寂しいと思っていたと。
だから、お父さん、喜んでいると思う。
分骨してほしいと言ってくれて、ありがとう。
そんな風に言われ、心から安心したのだった。

さて、お父さんを分骨してもらったはいいが、
当然ながら、係の人は、咄嗟に納骨する際の、綺麗な布で父を包んでくれたが、
なんせ、唐突だったので、入れ物がない。
壊れやすい父の身体。
さて、どうする?どうする?どう、連れて帰る?
車で6時間はかかるぜ?

うーーーーん。

ま、これで、いっか。

と、入れ物に入れるわたし。


それを見ていた、一族




「・・・・・・・・・・・・」



だ、だって!だって!


「うん・・・いいんだけどね・・・うん」


だって、お父さん、壊れちゃうじゃないっ。


「うん・・・わかってるから・・・」


そこに、わたしの可愛い妹がぼそっと言った。
(愛する妹)

「あくとお姉ちゃん・・・間違えて、捨てちゃいそう・・・・」

す、ス、すぅ、捨てないよっ!

すると、母が懇願するように言った。

「あくちゃん、お茶と一緒に・・・・飲まないでね・・・・」

そりゃ、今、参列見舞のお茶の葉と一緒に袋に、は、入ってるけど、の、飲まないよっ!

一同「・・・・・・・・」


てか、わたしって、みんなの中での、わたしの位置づけって、そんなに、あほなの?

と、判った瞬間であった。


            


お父さん、未だに、入れ替えてあげれなくて、ごめんね。
どこで、休ませてあげれば良いか、判らないの。
涼しすぎるよね。ごめん。



父の場所を知らせて下さい。切実に・・!
人気ブログランキングへ
↑↑↑ぽち応援、ありがとう♪


関連記事
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
こんにちは、あくとさん。
また、ここで会える事が出来て嬉しいです。

あくとさんにとって、今年が平穏であたたかい一年になりますように陰ながら祈ってます。
2011/02/01(火) 10:49 | URL | 苺琴音 #7ng5PFxo[ 編集]
苺琴音さんへ
ただいま^-^
とっても、わたしは、とっても元気です。
そちらには、ちょくちょく、お邪魔していたのですが、なんだか、コメントを書くと、忘れないでね。って、RPしてるみたいで、遠慮していました。

以前、ここの場所が荒れた時、苺琴音さんが、この場を静めてくれましたよね。
それから、わたしにとって、苺琴音さんは、お姉さんみたいな気持でいます。
実年齢は、多分、わたしの方が、ものすげ高いかもしれませんが・・・
だから、こうして帰ってくることができたのも、お手紙を下さったお友達さんや、苺琴音さんのおかげなのです。
これからも、よろしくお願いします。
2011/02/02(水) 13:17 | URL | あくと #hiiZJbic[ 編集]
あくとさん、おかえりなさい!
あのメチャクチャな暑い夏も終わり・・秋が来て冬が来て・・
あくとさんどうしてるかな、きっと大変な中がんばってるんだなって思ってた。
本当に苦しい思いをしていたね・・。辛かったけど、今こうしてブログに戻ってこられるまでになってくれてよかった・・。
前から同じだけど、いつも何か力になれるわけじゃない私だけど
でもあくとさんに友だちって思ってもらえたら嬉しいんだ。(遠慮なくアピールだ!)
お仕事がんばっているって聞いて本当に素晴らしいって思ったよ!!
お引越しもしようと思ってるんだね。素敵だね^^ 
まだまだ寒い日が続くことだし体を大事にしていてね。
元気で楽しい日々を過ごせますようにって願ってますね!
2011/02/04(金) 13:38 | URL | okayu #kOXDSSgw[ 編集]
okayuさんへ
ただいま^-^
ようやく、心身ともに元気になれたかなぁと、思います。
主人が、虹の橋に行ってから、ここには明確に書くことはできず、
頑張れなんていわれたら、折れてしまいそうで、更新は減っていき、
だけども、目まぐるしく襲ってくる現実に、ここに戻れば、愚痴しかかけないと思ってました。

何度も、連絡を頂いた、ここでのお友達さんたちに、メールを返すこともできず、ただ、ただ、毎日を、その日を一所懸命に生きたと思います。

このネットの住人でいえば、okayuさんも、親しかった方を見送ったり、寂しいこともありましたよね。
自分が抱えている問題にも重なり、okayuさんに掛ける言葉が見つからず、何もできないまま、okayuさんには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

いつも、助けてもらってたのにね。
ごめんね。

これから、以前のように、楽しくこの場所によってもらえるように、過ごしていくから、これからも、仲良くして下さいね。
待っててくれて、本当にありがとう。
2011/02/04(金) 15:27 | URL | あくと #hiiZJbic[ 編集]
おかえりなさい、あくとさん。悲しいことがたくさんあってつらかったですね。よく頑張りましたね。私はあくとさんが自分の足でしっかり立って生きていてくれて本当に本当に嬉しいです。ありがとう。あくとさんの姿にまた勇気をもらっています。
私もまだまだ汚部屋脱出できず試行錯誤しています。でもあちこちの関節が痛くなるようになってからあまり無理しなくなりました。そしてあくとさんも言っているように死に向かって歩んでいることを意識してからは少しずつ物を捨てられるようになってきました。
私の場合は…引っ越しして新しいお部屋に必要な物だけ持っていったあとすべて処分して下さい、ぐらいしないと片付かないかなあと思っています。でも私は当面引っ越しできないから…少しずつ頑張ります。ちょっといいきざしは…以前ほどお片付けが嫌でなくなったこと。ほんとに少しずつしかすすんでないけど、最近今日はどこを片付けようかな♪と思えるようになってます。今年は、お片付けをやらなければならない嫌なことではなくて、楽しいことにしていきたいです☆あくとさん、一緒に頑張りましょう☆
2011/02/08(火) 07:16 | URL | アリー #WgOu0GUw[ 編集]
アリーさんへ
ただいま^-^
ご無沙汰してました。
アリーさんの所は、更新がされてなかったので、気にはなっていたのですが、お元気そうで良かったです。

てかね、また、会えた方が嬉しくて、にんまりしています。
わたしも、お片付け全然、できていないの。
とにかく、リサイクルショップと、生活ごみだけは、しっかりしなきゃ、と思っても、
これって、他の人にとって普通のことだし、
普通が出来ない自分って、情けなくなる。でも、こうして、戻れたことで、みんなから、頑張る勇気をもらっている気がします。

一緒に頑張ってくれるお友達さんがいてくれるということは、
一人じゃないということで、
励みになります♪
本当に、ありがとう♪
2011/02/10(木) 14:46 | URL | あくと #hiiZJbic[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/292-5f7b2ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。