FC2ブログ
アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の住む街で、桜を見ることは無かった。
8時間近くもかかってバスで行ったその場所は、丁度、桜が満開のときだった。
今年の桜はここで見れた・・・
だけども、父が病気にでなかったら、心から感涙し、同化したいと思ったに違いない。

生きているものは、死ぬんだ。
当たり前だけど、死ぬんだ。
わたしも、死ぬんだ。
あの人も、友人も、大切に思っている人も、順番に死ぬんだ。
奇跡があったなら、今頃、地球上には、人があふれているし、
奇跡なんて、奇跡なんて絶対に信じない。

奇跡なんてあったなら、わたしは、今頃、幸せになっているはずだし、
心から、笑っていられる。
心から、笑っていられないのは、奇跡を見たことがないからだと思う。

出発前に、お泊り道具を、カバンに詰めていた夕方、その服だけは、四十九日だけのために使いたい。
決して、父のためには使いたくは無い。そう祈りながら、喪服を綺麗に畳んだ。
カバンを閉じた、そのときに携帯電話が鳴る。
ドキリとした。
知らない電話番号だった。

「あくとさんの携帯ですか?」
『・・・・(誰だおめー、先に名乗りやがれ←心の毒)・・・はい?』
「病院ですが・・・・」
『・・・・・・・・・・』

『はぁ・・・・』
「検査結果がでました。来院して下さい。説明がございます」
『あの、検査結果は、再来週だと聞いていましたが?』
「えぇ、早めに結果がでましたので・・・・」
『あの、再来週と伺ってましたので、再来週の週末に伺います。しばらく、この街を離れますので』
「・・・・・・えっと、早まりませんか?」
『あの、急いで聞いた方がよいという結果なのですか?』
「電話では答えられません」

『あの、明日から、泊まりなので、すいません。
再来週ではなく、来週末うかがいます。予約した方がいいですか?』
「いえ、予約は結構です。そのまま、いらして下さい。」
『・・・・はい。伺います』
「なるべく早めにいらして下さいね・・・・切」





『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』




え?えっ??えぇっ???えぇぇぇぇぇ????

なんだ?今の電話?わたしの病院から。

なんで?

しかも、よりによって今日の連絡なんだ?うん?
嫌な電話を取っちまったぜ・・・・
んま、向こうに行く前に病院に行ってなくて良かったのかも。
でも、でもさ、病院から電話がかかってくることって、本当に嫌な感じだ。
(↑医療従事者のみなさん、お許しくださーい)

て、もやもやしながら、乗るバスは、不謹慎だけど、
このバスが横転とかしちゃったら、わたしは死ぬんだな。とか。
もしも、ハイジャックがあって、最悪な事件に発展してしまったら、これで、終わりなんだな。
病気で死ぬのも、今日、明日、事故で死ぬのも、命はいつかは消えるんだな。
って、そんなことばかり考えてた。

四十九日のその日、再開した可愛い妹(はとこ)は、わたしに腕を絡ませ、
「お姉ちゃん、一緒に写真を撮ろう」
『わたしはいいよ。恥ずかしいし』
「いやだぁ、一緒に撮ろう。ね。」
そう言われて、横に並んで写真を撮った。

わたしは、なぜだか、笑わなきゃ。そう思った。
もし、わたしに万が一のことがあったら、これが、最期の写真になるかもしれない。
丁度、喪服をきているし、最新の写真だし、遺影になるかも知れない。
無邪気に笑う、可愛い妹の横で、精一杯の笑顔を作った。


父(叔父)に会えたのは、翌々日のことだった。
父の大きな背中を摩りながら、抱きしめたい衝動に、駆り立てられていた。
さまざまなことが、廻っては消えた。
父を見送ることは、出来るだろうか?
母(叔母)の葬儀にはいけるだろうか?
それとも、わたしが先だろうか?

父に言った。
『お父さん、お父さんの背中大きいね。手も大きいね。やっぱり、侍の手は大きいね』
父は、いつものように寡黙に黙っていた。
『お父さん、写真撮ってもいい?わたしの手と並べたのが欲しいの』
父は、大きく頷いた。わたしは、
『ほんとに?!本当にいいの?』
父は、2度ほど頷いた。
わたしは、きゃっきゃと喜んだ振りをしながら、頷かれたことに傷ついた。
頷かれちゃったら、最期みたいじゃない。

侍の手


泣きそうになった。
自分から言い出したのに、父からどんな言葉を期待していたのかも判らないけど、
判らないけど、本当に判らないけど、カメラを向ける手が震えてるのが判った。



■つづく・・・

お久しぶりですが、みなさん、お元気ですか?
▲人気ブログランキングへ
↑↑↑応援、ありがとう♪

関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/283-67bef278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。