FC2ブログ
アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月末だというのに未だに、眞っ裸(まっぱ)で過ごすしています。
さすがに深夜3時すぎともなると、少し肌寒いかなと感じて、
Tシャツくらいは着ますけども、下は何もないことが多いです。
たまに服を着たまま眠ったりすると、
1時間後には、もぞもぞとお布団の中で脱ぎ捨て、
足元にちょいちょいと寄せては、眞っ裸で目覚めます。

男性であったなら、きっと、あの部分が邪魔でしょうがないだろうなと思いつつ、
眞っ裸で目覚めのカフェオレをグビグビしてから、独身で良かったなぁとシミジミ思います。
まぁ、こんな女、誰も嫁に貰いたくないだろうなぁ・・・
そうだよなぁ。てか、行く予定もないもんなぁ。
って、みなさん、お久しぶりですが、お元気でしたか?

5月の就職活動のお話からでしたね。就職活動って、大変なんだね。
わたし、考えてみるとやったことなかったんだよ。
履歴書くらいは、書いたことありますけど、
年が歳だし、職歴や資格を書く欄で、
職場や部署、資格などの名前が、すんげー長くて、
全て漢字10文字以上とかだから、
出来上がった履歴書には、白い部分がほとんどなくて、見づらいし。

今はPCですればいいじゃん、とかって、みんなに言われたんだけど、
時代についていってないのか、
なんだか、手書きじゃないといけないような気がして、何度も書き直す。

そんでもって、お金もないもんだから、写真代をケチりたくて、
考えた結果、7年前の写真を貼り付けたのだった。
電話をしては、年齢で落とされること数件。
面接にこぎつけては、「輝かしい職歴ですね」と褒められ、気分良くなったところで、
「うちの仕事はつまらないですよ?」
「あなたが思ってるほど簡単な仕事ではないですよ」
「責任重大な仕事で、遊びではないんです」と、断られること数件。

なんでぇ?

遊びなんて思ってないし、どんな仕事であっても、
責任もってするし、つまらないですよって、
最初は、面接に来てくれて、ようこそ!みたいな態度だったのに、
どして、履歴書をみてから急変?

最初の「輝かしい職歴ですね」って褒め言葉じゃないんだ。
なんでだ?
何が悪いんだ?
仕事を探しては、電話し、面接に行っては、落とされて、履歴書をまた書いて、
御社の仕事のつまらなさを延々と聞かされる毎日が10日以上も過ぎたころ、
わたしの何が足りないのかを反省するよりも履歴書の何が悪いんだ。
ということに気がついた。
写真が悪いのかとも考えたけれど、
面談なの中から、そうではないことは十分すぎるほど伝わっていた。

わたしの住む街の移動手段は、以前も書いたように電車とバス、徒歩が主流だ。
面接に落とされ続ければ、当然ながらお金を捨てているだけの毎日で、
少しでも浮かそうと一駅、二駅と歩き続ける日々は報われない。

もう、だから嫌だったんだよぉ。
社会に出ると嫌な思いばっかり、交通費にお金掛けて、
疲れるほどに歩き続けて、それでも報われればいいさ、
退屈な仕事だと思われて遊びのつもりで仕事されても困ります。
って、そんなこと言わなくても、こっちは、必死で頑張ろうとしてるのに。

爪も切ったし、面接用に黒のパンツだって買った。
黒のジャケット羽織って、黒のパンプス履いて、
大嫌いな夏が来て暑くて暑くて、眠れなくて、だけども、暑くても、ずっと歩き続けたのに。

もう、何も出来なかった。

それから数日、ほんと、死んだように眠ってから、会社を経営する知人数人に電話を掛ける。
詳しく、一社づつ、最初から会話の内容を細かく説明し、
経営者の立場からしてどうなのかを聞いた。

「大手はダメだろうね、判るよね?」
『うん、だから中小企業しか選んでない』
「え、A社は大手でしょ?」
『下請けだもん』
「そっか、大手は、恐ろしくて、あくちゃん、選べないよ」
『あ?恐ろしい?なんで?恐ろしいと思ってるとは、思ってなかったよ?』
「例えばよ、不正してたとするじゃん、見破られるだろうなって思うと思うよ」
『はぁ?じゃ、不正があるような部署に置かなきゃいいじゃん』
「そう検討した時点で使いづらい新人だよね」
『不正がある時点でそんな会社はダメだけど、中小企業しか選んでないよ』
「上司が使いづらいんだよ」

『・・・なんで?自分が出来る仕事しか面接してないし、
やっていけそう、そう思うから面接に行ったんだよ?』
「面接したの全員、男でしょ」
『一人女性が社長で面接してくれたけど、終わった瞬間に、履歴書持たされて帰されて、
受かったなら連絡しますって、連絡なかった』
「判りやすいね」

『うん、さすがに解ったよ、で、男でしょって何?』
「う~ん、男ってプライドで生きてるんだよ。だから。」
『プライドで生きてるのは知ってる、けど面接でプライドは傷つけてないと思うよ』
「傷つけられる前に防御したんだよ。面接した人、直接上司になる人だったんじゃない?」
『うん、そう。自分の下になるからって』
「でしょ。使いづらいって思ったんだよ」
『ちゃんと素直に聞くよ、教えてもらう方だし』

「例えばだけど、今はそんな会社ないけど、
手書き伝票で、そろばん計算するようなアナログ会社だったとするでしょう?
計算だけで、1時間も掛かっちゃうような仕事やってたとするじゃない?
そこに、PCのプロが来てこんなの3分もあれば出来ちゃいますよ。
って、一喝しちゃう、バカにされたような気分になるよね」

『一喝なんてしないよ。こういう会社なんだって、
手書き伝票1時間するよぉ、だって、バイトだし』
「心の中でそう思ってるかも、って感じた時点で嫌だなぁって思うんだよ」
『そうかなぁ?違うような気がする。
だって、わたしが社長なら、そんな出来そうな子が面接に来たら、
らっきぃ、使いきってやろう。ぜーんぶ、任せちゃぉって、思うもん』

「だから、男でしょ、って聞いたの。男はそんな風には思わないの」
『違う気がするけど、
大手もダメ、中小企業もダメなら、レジ打ちとかしかないじゃん、接客とか』
「うん、それならいけると思う。でも、まず、出来ないと思われるよね」
『えぇー、人と交わるのが少ないからオフィスワーク探してるのに、
出来ないと思われてるのに接客業しかないのぉ( ┯_┯)』

「引きこもりが良かったんじゃないの?急にどうしたの、お金?」
『それもあるけど、それだけじゃない(応援してくれるブロ友さんがいるから)』
「じゃ、派遣会社しかないんじゃない」
『経験あるけど派遣の規約が面倒だったし、
それに、売れるのは、若い子順なのさ、25歳の新人と、アラフォー新人、どっち雇う?』

「・・・・・・・・・」(←答えを迷ってる)
『こ、答えなくて、いっ、いぃ。今は、ほんとにいい、いらない。』
「・・・・・・・・・」(←答えなくていいことに安心してる)

別の知人もほぼ同じような内容だった。
派遣が嫌だったから頑張ったのに、派遣かぁ。派遣切りの派遣かぁ。
それでも、派遣しながら、就職先探す?どうだろう?
契約期間中にそんなことできないし。

引きこもりのわたしが、毎日、規約がいっぱいの中、派遣の仕事を真っ当できるのか?
紹介してもらえなかったら、それはそれで、また、嫌な思いするし。
どこかに就職したいのか、それとも、ただのバイトでいいのか?
就職(派遣)したとしても、今のわたしには、自信がない。
睡眠障害だって、治っているわけじゃない。

就職活動という闘い、放棄したい。
頑張ったじゃない。2週間以上、外出したじゃない。
毎日、嫌な思いしたじゃない。

考えがぐるぐるする。

人の当たり前のことが出来ない。
特別なことがしたいんじゃない。それなのに、変だと思われている気がする。
引きこもりであること自体、普通じゃない。
普通がいいのに、普通の感覚で、普通でありたい。
こんなわたしが、誰かを愛し、子供を育てることなんて出来ないと思う。

わたしが嫌な思いをするのは、普通じゃないから?普通ってナンだろう。
誰にとっての普通が良くて、わたしにとっての普通は、世間からズレてるの?

前は他人にどう思われていても、気にならなかった。
だって、わたしは、わたしだったから。

誰になんと言われようとも、
わたしが、わたしを幸せにするし、わたしが、わたしを1番に愛してた。

それなのに、わたしは、わたしが弱くなっていることに気がついた。

ポチ応援↓↓ありがとう♪
▲人気ブログランキングへ
↑カテゴリーを変更しました。これからもよろしくお願いします(涙)



関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/264-53fac304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。