アラフォー独身、汚部屋と格闘中

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

スポンサーR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未だ、全裸に近い状態で、生活している。
だって、暑いんだもの・・・
Tシャツを着ている時はいい方で、その下は、ノーブラ、ノーパンが多いです。

まぁ、ようは、裸族なんで、寝ているときに、下着を着けていると、
絶対に、朝、脱ぎ捨ててあったりして、
だから、つまり、嫌いなんだ~。と、気がついたのは、ここ3年前くらいのこと。

でも、やっぱり、この汚部屋で、寝ているときに、万が一、死んでしまうことがあったら、
全裸で発見されるわけだから、
おパンツくらいは、とは思うけど、どうしても慣れない。

とりあえずは、むき出しにはならないような衣服は着る努力はしてるんだけど、
それも、起きているときだけで、眠ってしまうと、朝、全裸。
オトコがいなくって、良かった♪と、心から思っている、あくとです。

真冬でも、その癖は治らなくて、朝、寒さで目覚め、肩が氷のようになっていて、
首はズキズキと痛んだりもするので、
近年では、羽毛の黒のジャケットを全裸のまま着込んで、寝たりする。
これが、けっこー暖かくて、すごく、熟睡できることを、この2年で知った。

←これ


それで、今は、まだ、わたしの感覚からいうと、窓を少し開けている状態で寝ているんだけど、
夜中から、朝方にかけて、急に寒くなったとき、
布団なんて、け散らかして、わたしの身体の上には、何もないわけだから、
そうだ、お片づけしながらこのジャケットを出して、枕元において置こう。
そう、思ったわけ。
そしたらさぁ、もしも、全裸で、さぶっ、なんてことがあっても、なんとかなるじゃん。

どこから出すかつぅと、ここなわけだけど、
20070918021451.jpg
緑色の奥、秘密の魔境・・・

この秘境に迷いこんだなら、結構、死ぬ思いする。
ついでに、秋物、冬物も、少し、だしとこ。
死ぬ思いは、一度でいいし。
って、思いながら、やっとのことで出したわけ。

こっから、出すつうことは、余計なモノまで、出すことになるわけで、
必然的に、出しては仕舞い、仕舞っては、やっぱ、アレいるんだ。
あ、ここに、あったんだ~!探してたよ~。これは、もう、いらないなぁ。
なんてことが、始まるわけね。

また、集中力もないもんだから、きっと、ふつーの人は、1時間くらいで終わるようなことを、
要領ない上に、あほたれなもんだから、すんごい時間がかかっちゃって、
気がつくと、夜になっていて、

広げるだけ広げちゃったから、寝る場所も失っちゃって、
もう、本気で嫌だ。
涙ぐんできたりしてくる。

すっかり夜なのに、今度は、寝る場所を確保するために、一所懸命。
涙も乾き始めたころ、主人の気配がないことに気がついた。

ん?あれ?

へ?なんだ、あの、こんもりしたコートは?





めくってみた・・・・








        絶対に渡さない
        「抱きしめて爆睡中」


『・・・・・・・・・・』

ゆさゆさゆさゆさ・・・
起きない。

ゆっさっゆさ、ゆっさっゆさ・・・
起きない。

ぺしぺしぺし・・・
起きない。


          鼻をむぎゅってしてみた
          鼻剥いてみた
          起きるつもりはない。


お願い。コート返して。

そのコートだけは、返して。

なんでもするから、返して。

そのコート以外ならいいから、それは、返して。

返して、返して、返して。お願いだからぁ!!!


わたしは、どーしても、このコートを奪い返さないといけない理由があった。
だって、このコートは、ブロ友さんから頂いた、
大切なコートだからだ。

わたしは、汚部屋であっても、変なところだけ、潔癖なとこがあって、
身の回りに着けるモノとか、髪、爪とかであっても、ちょーキレイにしてないと駄目なんだ。
だから、このコートは特に、大切にしていたし、
主人の爪で傷モノになっては、絶対に困るのだ。

せっかく乾いた涙目が、まじ泣きに変わろうとしたとき、
主人は、目を覚ました。

しかし、ここからが、本番だ。
下手に怒らせて、目の前で引き裂かれたら、どん底だ。
崖の上に、立っている気分だ。

すげー、慎重に、手を出してみる。
なにしろ、相手は、寝起きなのだ。

そ~っつと・・・・
主人「・・・怒、 


『・・・・・・・・・・』


あ、あの、これ、差し上げますから、どいてください。







             ・・・・・・・・・時間経過・・・・・・・・・・・・・・




        交換してみた。


今日1日、なんだったのだろう。
この黒のコートを使いたかっただけなのに。
主人のために、1日、魔境と死ぬ思いで闘ったというのだろうか?

なんだ、この負けた感は。
いや、ち、違う。
わたしが、ゆ、づって、差し上げたのよっ。

取られたんじゃないわ。
奪われてもないんだわ。

か、か、貸して差し上げただけだもの。
今度の冬が終われば、返してくださるわっ。


いつも応援↓↓ありがとう♪
人気blogランキング ←順位が戻ってきました。みなさまの、おかげです^^

関連記事
コメント
この記事へのコメント
ご主人様~
こんばんは。ご主人様が安眠していらっしゃるのに
起こしてしまうだなんて(笑)ご主人様に気に入って
いただけるなんて、差し上げて正解でした!!
でも、ダウンジャケットの方が絶対に暖かいから
交換してみてはいかがですか??
私としては大事にしてくれているだけで嬉しいもの。
そろそろ寒くなってきたから、何か着ましょうね♪
2008/10/13(月) 22:58 | URL | りこ #Ht/OVX4E[ 編集]
コメント嬉しいです^^
■りこさんへ■
りこさん、主人になんでもかんでも、
奪われてしまうのは、嫌です(泣)
ダウンの方が、暖かいけど、
けどけど、そうすると、頂いたコートが・・・駄目です。
絶対に、駄目です。
でも、やっぱり、そろそろ、
なんか着た方が良いですよね。
一応、Tシャツ1枚は、着てるんですが、
その下は、まっぱです。
せめて、下の下着だけは・・・
うん、女の子ですもん。ね?ね?
2008/10/14(火) 11:53 | URL | あくと #hiiZJbic[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acctt.blog41.fc2.com/tb.php/210-c2223a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。